宅地建物取引主任者になろう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

実質賃料 実質賃料

支払賃料とは、
鑑定評価で求める価格または賃料の種類の一つです。
不動産の賃貸借等に伴い、その契約に当たって支払われる一時金を除いて、各支払時期に支払われる賃料であります。
 
支払賃料は実質賃料の構成要素の一つであるといえます。
一時金の授受が行われないときにあっては支払賃料は実際上、実質賃料と一致することになります。


実質賃料とは、
鑑定評価で求める賃料の種類の一つです。
賃料には地代や家賃があるが、これらはまた実質賃料と支払賃料とに分けられています。
実質賃料とは、一定の期間に貸主に支払われる経済的対価のすべてを意味し、定期的に支払う金銭による支払賃料とは異なります。
 
地代、家賃として定期的に支払われる支払賃料以外に一時金の授受があればそれを考慮しなければならないとされています。
つまり、一時金が賃料の前払的性格を持つ権利金である場合は一定の期間内に発生するその運用益および償却額、また、預り金的性格を持つ敷金、保証金等である場合は同じくその運用益が含まれるということです。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。