宅地建物取引主任者になろう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

普通建物賃貸借

存続期間
期間を一年未満とする建物の賃貸借は無効とされ、期間の定めの無い建物賃貸借とみなす。

更新
期間の定めのある場合
当事者が期間の満了の一年前から六ヶ月前までの間に相手方に対して、「更新をしない」または、「条件を変更しなければ更新しない」旨の通知をしなかった場合は、従前の契約と同一の条件で契約を更新したものとみなす。

賃貸人の上記通知は正当事由がなければならない。

期間終了後に建物の賃借人が園建物の使用を継続する場合、建物の賃貸人が、遅滞無く意義を述べなかった場合、従前の契約と同一の条件で契約を更新したものとみなす。

解約
建物の賃貸人が解約の申し入れをした場合、建物の賃貸借は解約の申し入れの日から6ヶ月計画することをもって終了する。
(申し入れには正当事由が必要)

賃借人の解約の申し入れの場合、三ヶ月経過をもって契約は終了する。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。