宅地建物取引主任者になろう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

弁済の提供

弁済の提供

 債務の履行をするのに債権者の協力が必要な場合〔債務者が単独で完了することができない場合〕に,債務者側でできることを完了して,債権者に協力(受領)することを求めること。
〔「債権者が受領する前に債務者がなすべき行為」と考えることもできる。


現実の提供をするのに必要な準備を完了したことを通知してその受領を催告すればよい。このことを口頭の提供,又は言語上の提供という。(493条但書)


債権者の住所地で目的物を引き渡す持参債務の場合は、持参して引き渡す旨を述べること。この場合必ずしも目的物を提示しなくてもよい。目的物を持参したが債権者が不在で持ち帰った場合でも現実の提供とみなされる。(判例では金銭債務。)


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。