宅地建物取引主任者になろう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

必要費償還請求権に基づく留置権


民法608条
1項

留置権者は、留置物について必要費を支出したときは、所有者にその償還をさせること
ができる。


2項

留置権者は、留置物について有益費を支出したときは、これによる価格の増加が現存する場合に限り、所有者の選択に従い、その支出した金額又は増加額を償還させることができる。ただし、裁判所は、所有者の請求により、その償還について相当の期限を許与することができる。
***********

1.「Aが,建物賃借中に建物の修繕のため必要費を支出した場合,Aは,その必要費の償還を受けるまで,留置権に基づき当該建物の返還を拒否できる。」

正解:○ 必要費償還請求権


 賃借人が必要費を支出した場合は、その償還を受けるまで留置権により、建物の返還を拒否できる。(民法295条1項)

賃借人が支出した必要費は賃貸人が支払うべきものであり、賃借人は賃貸人が負担すべき必要費を支出したときは、直ちに賃貸人Bに対して必要費全額の償還を請求できる。(民法608条1項)


賃借人が有益費を支出したときは、賃貸借終了時に、その価格の増加が現存する場合に限り、有益費全額または増加額の償還を請求できる。
ただし、全額もしくは現存増加額のどちらかを選択するのは賃貸人であり、賃借人ではない。
裁判所は所有者の請求により、償還に相当の期間を許与する事により、有益費の留置権の成立を否定することができます。(民法608条2項)

必要費
賃借の目的物の保存に必要な費用。支出後直ちに全額請求できる。 


有益費
賃借の目的物を改良して価値を増加させる費用。賃貸借終了時に請求
できる。(強行規定ではない:排除する特約有効)


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。