宅地建物取引主任者になろう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

造作買取請求権

造作買取請求権

当事者の特約により排除することも許される

賃借人が、賃貸人の同意を得て建物に造作を付加したとき〔または建物の賃貸人から買い受けた造作〕は、期間満了及び解約の申入れによって終了するときに、賃貸人に時価で買い取るよう請求できます。(借地借家法33条1項)

これは、賃貸人から買いうけた造作にも適用されます。

 また、「期間の満了又は解約の申し入れ」によって終了する場合の、転借人と賃貸人との間でも準用されます。(借地借家法33条2項)

 ただし、この規定は任意規定となっており、造作買取請求権をあらかじめ放棄する旨の特約も認められています。(借地借家法37条)

・造作とされているもの・・・・畳、ふすま、障子等の建具、エアコン、照明器具など。

 取り外しが容易であり,建物の使用に客観的便益を与えるもの。収去すると造作そのものの価値を減ずるもの。〔有益費償還請求の対象にはならないことにも注意。〕

・造作買取請求権の対象・・・・賃借人が勝手につけた造作は買取請求権の対象にはならない。借地借家法で認められているものは以下の二つのみ。

 (i) 賃貸人の同意を得て建物に付加した造作
 (ii) 建物の賃貸人から買い受けた造作

・造作買取請求権について

 もともと,賃貸借契約が終了したときには,賃借人には建物に付加したものを収去して原状に回復させる義務があります。〔取り外しができないもので建物の現存価格を高めるものは有益費として費用償還の対象になる。〕

 しかし,取り外したところで,そのものの価値は建物と結びついてのものですから意味はなく,取り外すにしても費用や手間がかかることから賃借人が収去を望まないことのほうが多いでしょう。

 借地借家法は,このように費用償還請求権の対象にならないものを,賃貸人に時価で買い取らせることによって,賃借人の投下資本の回収をさせ,かつ収去の負担を免じることにしました。〔しかし,実際のところは,特約で買取請求権を排除する場合が多い。〕



第1項
建物の賃貸人の同意を得て建物に付加した畳、建具その他の造作がある場合には、建物の賃借人は、建物の賃貸借が期間の満了又は解約の申入れによって終了するときに、建物の賃貸人に対し、その造作を時価で買い取るべきことを請求することができる。建物の賃貸人から買い受けた造作についても、同様とする。

第2項
前項の規定は、建物の賃貸借が期間の満了又は解約の申入れによって終了する場合における建物の転借人と賃貸人との間について準用する。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。